【海外旅行】旅費が抑えられる国は?コスパの良い旅行先5選

【海外旅行】旅費が抑えられる国は?コスパの良い旅行先5選

どうもコーシー(@koshitravel)です。

 

海外旅行って高いイメージですよね?なので行きたくても簡単には行けない・・・

本当にそうでしょうか?実際はそんなことはありません!

LCCの登場などで航空券代はどんどん安くなっていますし、近隣の国であれば国内旅行と変わらない値段で行くこともできます。物価の安い国なら現地での滞在費も抑えられます。

今回は費用の安い海外旅行先をご紹介します!

 

ご紹介の前に

今回は5つの旅行先をピックアップしました。

どこもコスパが良くておすすめの国ですが、その国を航空券代と物価をそれぞれ1つから5つの☆で評価しています。☆が多ければそれだけ安くおすすめということになります。

スカイスキャナーで、2か月後に東京出発の片道航空券の価格を、画像で貼ってあるので参考にしてください。

 

費用の安い海外旅行先

台湾・台北

航空券☆☆☆☆☆ 物価☆☆

まずは台湾・台北です。日本からの航空券代も安く、現地の滞在費もそこそこ抑えられるのでおすすめです。フライト本数が多くてフライトの時間が短いので、短い日程でも長めの滞在ができるのもおすすめのポイントですね。

物価は比較的安いですが、安いと考えていくとイメージほどは安くないかもしれません。特に人気の台湾スイーツなどは日本と変わらない価格設定と考えてください。ですが航空券で抑えられてるので、そのくらいの贅沢はしても良いでしょう!

台湾・台北攻略!見どころやグルメ・スイーツをご紹介

 

タイ・バンコク

航空券☆☆ 物価☆☆☆☆

次におすすめするのはタイ・バンコクです。

バンコクをおすすめする理由としては、滞在費の安さでしょう。宿泊代、食費ともにかなり安く抑えることができます。

航空券代も、工夫次第で抑えることができるでしょう。有名なLCCであるジェットスターもタイ・バンコクに直行便を就航させています。早割りやセールを利用すればかなり格安で行くことができますね。

タイは見どころが多い国ですが、バンコク市内に限定すれば、現地の交通費も抑えながらたくさんの観光地を巡ることができるので、費用を抑えてコスパ良く海外旅行を楽しむにはうってつけの国です!

タイ・バンコク観光攻略!見どころや周り方をご紹介

 

フィリピン・セブ

航空券☆☆☆ 物価☆☆☆

海外リゾートの中からはフィリピン・セブを選びました。

航空券、物価ともにそこそこ安いという印象です。ただし航空券を抑えるなら、直行便ではなく経由便になるでしょう。なので短期での旅行にはあまり向かないかもしれません。

1日中ビーチでのんびりと過ごす贅沢は非日常。そんな体験がしたい方には、おすすめのリゾート地です。

フィリピン・セブ観光攻略!治安や見どころ・おすすめは?

 

 

韓国・ソウル

航空券☆☆☆☆ 物価☆

お隣の国、韓国・ソウルも安くで行ける海外旅行先としてご紹介します。

特に航空券代や船代は格安で、国内旅行と変わらない値段で行くことができるでしょう。

ただし現地での物価は高め。特に明洞などの観光地では食費や滞在費も割高です。

おすすめしたい点としては、やはりその近さ。航空券が安いだけでなく、フライト時間が短いので、週末や3連休でも海外旅行を楽しむことができますね!

ソウル以外にも釜山など、費用を抑えて行くことができるでしょう。 

韓国・ソウル おすすめの観光スポットランキング!

 

ベトナム・ハノイ

航空券☆ 物価☆☆☆☆☆

最後にご紹介するのは、ベトナム・ハノイです。

航空券はこれまでご紹介した国の中では高めですね。ただし物価は安いです。これでもかというくらい安い。

特に安いと感じるのは宿泊費。旅行では航空券と並んで大きな出費になる宿泊費ですが、ベトナムの宿泊費はかなり安いのでおすすめです。高級ホテルでも日本と比べて安い場所が多いので、良いホテルでのんびりと過ごすのも楽しいかもしれませんね。

食費も安いですし、現地での滞在費はかなりコスパが良い国です!ハノイをご紹介しましたが、ホーチミンなども変わらない値段で行けます。

 

 

費用を抑える方法は?

航空券の探し方

航空券は予定が決まったらできるだけ早く抑えるようにしましょう。

3ヶ月以上前が理想ですね。夏休みや年末年始で休暇予定が決まっているのであれば、半年前から抑えることをおすすめします。

探すときはまずはスカイスキャナーなどの比較サイトを使用します。そこでどの航空会社が安いのかがわかるので、できればその航空会社のサイトを直接調べてみましょう

日程が決まっていない場合は、月全体で検索します。そうすることで、どの日程であれば航空券が安く予約できるか知ることができるのでおすすめです。

LCCは怖い?評判の良くないこともあるLCCですが、実際はそんなことはありません。ただし注意することもあります。LCCについては下記を参照してください。

【LCCと大手航空の10個の違い】結局どっちがおすすめなの?

 

滞在費の抑え方 

滞在費を抑える方法として、ホステルを利用するという方法があります。

ホステルとは、部屋に複数のベッドがあり、シャワーやトイレやキッチンが共同となっています。部屋も他の利用客と共同の場合がほとんどです。

ホステルは滞在費が抑えられる方法としておすすめですが、同じ部屋に世界中の人が集まるので友人ができるなどの楽しみもあります。

ホステルを探すときにも、ホテルと同じようなサイトで調べれば出てきます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は旅費の安い国を5つピックアップしてご紹介しました。

旅費が抑えられれば現地で贅沢をすることもできますね!

その他カテゴリの最新記事