韓国・ソウル観光攻略! 行き方や見どころは?

韓国・ソウル観光攻略! 行き方や見どころは?

どうもコーシー(@koshitravel)です。

 

今回は韓国・ソウルの攻略法についてご紹介したいと思います。

韓国は日本からも近く、美味しいグルメや美容などが旅行者には人気ですよね。特に人気なのが首都ソウル。楽しいエリアが盛りだくさんのソウルに行く前に、ぜひチェックしておいてほしい情報をまとめました!



 

 

ソウルへの行き方は?

日本からのフライトは?

日本からのフライトは直行便で時間も本数もたくさんあるのでスカイスキャナーで調べてみてください。所要時間が短いので荷物が少なければLCCでもいいですね。

東京からソウルまでは約2時間半、関西からだと2時間弱、福岡からだと1時間半で到着します。空港は仁川国際空港と金浦空港と2つありますが、どっちも市内へはさほど遠くないですし、行き方も簡単なので安心してください。

仁川国際空港間と金浦空港間は40分程度で移動ができます。A’REXという空港鉄道かバスでの移動になります。

 

 

空港から市内へはどうやって行く?

仁川国際空港からソウルへ

仁川国際空港は永宗島というソウルから約70キロ離れた島にあります。

おすすめはA’REXです。空港と市内をつなぐ高速鉄道です。ソウル駅までは特急で43分、各駅停車なら56分で到着します。

空港バスは3種類あります。KALリムジンバスは青い車体が目印です。市内行きと金浦空港行きがありますが、乗り場が分かれているので間違える心配はないでしょう。漢字表記の行き先案内もあります。チケットは空港カウンターか車内でも買えます。

高級リムジンは韓国都心空港(CALT)、空港リムジン、ソウルバスの3社が運航している3列座席のバスです。明洞などに行けます。

一般リムジンは高級リムジンが3列座席に対して4列座席で、少々狭くなっています。ですが運賃は安いです。車内前方に大きな荷物置き場もあるので、スーツケースでももちろん乗れます。明洞などに行きます。

タクシーは説明不要ですね。一番便利ですが一番値段はあがります。4人くらいで乗ったり深夜到着なら利用してもいいですね。

ちなみにA’REXですが、ソウル駅から仁川空港に帰る場合はソウル駅でチェックインと出国審査を受けることができます。まあ空港でやればいいんですけどね。空港への到着がぎりぎりになってしまいそうな場合には便利でしょう。

 

 

金浦空港からソウルへ

金浦空港からソウル市内へも、仁川空港と同じく、A’REX3つのバス、それからタクシーが利用できます。他には地下鉄です。時間に正確なので便利ですが、目的地に地下鉄がとまるかチェックしてください。バスの方が便利な場合もあります。

 

 

ソウルのエリア紹介

明洞(ミョンドン)

ソウルといえばまずは明洞でしょう。ソウル一番の繁華街です。グルメからショッピング、美容などとにかくなんでも揃っています。ロッテ百貨店や新世界百貨店といったデパートがあれば、小物を売る屋台もあり歩くだけで楽しめるエリアです。

明洞に行くなら夕方以降がおすすめです。夕方から夜にかけては屋台がでることもあり、人で溢れかえり、たいへんな賑わいを見せます。

食事ができる場所も多いです。行きたい場所を先に調べておいた方がいいと思います。街歩きの最中でも気軽に入れるカフェやファストフード店が多いのも嬉しいですね。もちろん屋台での食べ歩きも最高です!

メインストリート以外でもショップがたくさん並んでいるので、とにかく歩き回ってみましょう。

 

 

西村(ソチョン)

静かな住宅街に人気のカフェや雑貨店が点在するのが西村です。

街歩きが楽しいエリアですね。新しいカフェや雑貨店だけでなく、古いお店も多く残っていて、庶民的な雰囲気で韓国の日常を味わうことができます。

世宗マウル飲食文化通りには飲食店がひしめき、夕方になるとすごい人の数になります。地元の人が仕事終わりに寄る場所なので見ているだけで楽しい気分になりますね。ただし想像以上に込み合いますので、お店に入るなら早めに行くことをおすすめします。

在来市場の通仁市場もあります。活気ある市場なのでここも抑えておきましょう。油で炒めたトッポッキであるキルムトッポッキが一押し。

 

 

南大門(ナンデムン)

ソウル駅があるのが南大門です。言わずと知れた巨大マーケットエリアです。

南大門市場は活気があり、観光客には必見のエリアです。人気なのは食品ならノリやマツタケ、衣類なら子供服などが人気です。価格交渉が必要ですが安く買うことができますよ。眼鏡のオーダーメイドも人気があります。

市場の裏路地にある食堂が魅力的です。せっかくなので国民食ともいえるキムパプを食べたいですね!

ソウル駅は空港まで1本ですし、明洞からも歩いていけるので便利な立地も人気の秘訣です。

 

 

東大門(トンデムン)

巨大衣類市場として有名なエリアが東大門です。ファッションビル街として有名で、免税店もあるので立ち寄っておきたいところ。

生薬専門店が並ぶ京東市場もあります。実際に韓医院もあり診察してもらうこともできます。生鮮食品や乾物もあるので見るだけでも楽しめます。

タッカンマリを食べたいならここでしょう。また焼き魚も有名です。

タッカンマリ~。

 

 

江南(カンナム)

江南スタイルで世界的に一躍有名になったのが江南ですね。オフィスビルが多数並ぶビジネス街です。

コエックスモールには食堂から映画、ファッションなどなんでも揃います。コエックスモール内のSMTOWNは、K-POPで有名な芸能事務所SMエンターテインメントのエリアです。展示やグッズ販売やカフェがあります。また本格的なレコーディングや撮影の体験もできます。コエックスモールに直結したセブンラックカジノでは非日常を味わうことができます。

江南エリアは広いですが、特におすすめなのは鴎亭洞です。ソウル随一のセレブなエリアです。高級百貨店やブティック、隠れ家的なレストランなどがあります。また若者向けのレストランも多いので、価格帯もそれほど高くないのが魅力ですね。

 

 

ソウルスイーツのおすすめはこれだ!

レインボーを抑えろ!

レインボーミルクレープ。味もよし。しかし下の方の青や紫は気になる(笑)

ソウルで話題の写真映えするスイーツといえばレインボーでしょう。レインボーロールケーキやレインボーミルクレープなど、見た目が可愛いだけでなく味も美味しいスイーツです。OREDOREBILLY ANGELFRANK’Sなどが有名ですね。

 

 

かき氷を超えたかき氷

ソルビン。日本にもあるけど並ばなくて済むしやっぱり本場!

韓国といえばかき氷と言っても過言ではありません。しかし最近のかき氷はもはやかき氷を超えてしまっています()

ピンスと呼ばれるのが韓国式かき氷です。明洞近辺ならソルビンやカカオグリーンが有名ですね。とにかくこれは食べてみてください。かき氷を超えちゃってますから()

 

 

自分でトッピングするおしゃれなアイス

Bistoppingというアイス屋さんが個人的には韓国スイーツで一番のおすすめです。ビジュアルが最強のアイスですね。小さいお店ですが、そこでは自分でアイスをアレンジして楽しむことができます。それにデコレーションするクッキーが美味しいのなんのって。

ここにあるクッキーを選んでデコレーションしたりアイスの種類を選べる。

 

 

カフェも外せない

かわいいだけではなく本当においしかった。

カフェもスイーツを語る上では外せないですね。カフェによって様々なスイーツがあるので調べてみてください。明洞にあるRed mango&Cacao greenが個人的には良かったかな。

 

 

ソウルの見どころは?

ソウルの宮殿といえば景福宮

観光地で最もポピュラーなのが景福宮です。李成桂が1394年に建てた王宮です。何度も消失したり壊されたりしながらも、解体修理を行ったりと努力をして美しい姿を保っています。

複数ある門はどれも壮大で美しく、敷地内にはヘチやプルガサリなどの神獣がたくさんいます。美しい庭園もあるので散歩にもいいですね。敷地が広いのでゆっくり周ってください。

美しい庭園。

 

行進?みたいなのもやっていた。

 

Nソウルタワー

南山の上に立ち、南山の標高265mを足すと高さ500mにもなるのがNソウルタワーです。ロープウェイで行くことができます。複合文化施設ソウルタワープラザがあり、グルメを楽しむことができます。

約束の鍵と呼ばれる恋人たちに人気のデートスポットがあります。約束の鍵をかけたい場合は持参しても良いですし、ショップにもたくさんの鍵が売っています。

 

 

世界遺産の宗廟

1995年に世界文化遺産に登録され、国内外から多くの人が訪れるのが宗廟です。

毎年5月の第1日曜日に行われる宗廟大祭は、王の末裔に当たる一族、全州李氏の人々が集まり、当時を再現するかのような儀式を執り行います。伝統衣装に身をつつんで雅楽が響く儀式はぜひ見ておきたいですね。

敷地内に建物はあまりないですが、森があります。市民の憩いの場となっており、散歩などには最適です。

土曜日以外はガイドと参観しなければならないので注意してくださいね。まあ行けばなんとかなります。ちなみにソウルでは昌徳宮も世界文化遺産として登録されています。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は韓国・ソウルについて知っておきたい情報をまとめました。

ソウルは観光というよりは、グルメなどの魅力が多いですね。1日中食べ歩きをする日があってもいいくらいです。お腹が持てばですが()



韓国全体の記事はこちらから。

韓国攻略!行き方や見どころは?

 

アジアカテゴリの最新記事