インドネシア・ジャカルタ観光攻略!治安や見どころは?

インドネシア・ジャカルタ観光攻略!治安や見どころは?

どうもコーシー(@koshitravel)です。

 

今回はインドネシア・ジャカルタをご紹介します!

ジャカルタってどんな場所かご存知でしょうか。

私のイメージで言うとそうですね、人がめっちゃ優しい国ってイメージですね。

たまたまそうだっただけかもしれませんが、出会う人全員が優しかったような気がします。

英語が話せないのに、照れながらサンキューって言ってくれた可愛い店員さんとかは、こっちがサンキューって感じでした()

そんなインドネシア・ジャカルタの魅力をご紹介していきたいと思います!



 

 

インドネシア・ジャカルタの基本情報

インドネシアってどんな国?

インドネシアは東南アジアにある島国です。

赤道直下の熱帯性気候で、乾季と雨季のふたつの季節があり、1年を通して暑いので旅行する際には日本の夏の暑さをイメージしておくといいと思います。

インドネシアは自然あふれる島で、各地に世界遺産があります。

スマトラの熱帯雨林にはオランウータンが住んでおり、コモド国立公園には世界最大のトカゲで恐竜の様な見た目のコモドドラゴンがいます。

バリ島のバトゥカル山保護区は田園風景が世界遺産に登録されています。

遺跡群も世界遺産に登録されており、歴史を感じることもできる国です。

 

 

ジャカルタの基本情報

ジャカルタはインドネシアのジャワ島にあるインドネシアの首都です。

経済・政治の中心地であり、多くの日本人もいる東南アジア最大の都市に発展しています。

人口は都市圏人口でいうと東京に次いで世界第2位です。

ちなみにジャカルタと東京都は姉妹都市です。

ASEAN(東南アジア諸国連合)の事務局があります。

東南アジアというと交通渋滞がひどいことで知られますが、ジャカルタの交通渋滞は最悪レベルです。

ジャガイモの名前はジャカルタが由来だそうですよ。

 

 

ジャカルタの治安は大丈夫?

写真はスカルノ・ハッタ国際空港

ジャカルタの治安ですが、気を付けましょうということですね。

東南アジアはどこもそうかもしれませんが、注意して行動してください。

 

近年では旅行者がスリやひったくりに遭ったり、タクシー強盗に遭ったりするケースも報告されています。

何年か前にはテロ事件もありました。

 

ですがインドネシア人は優しい方が多いです。本当に良い国だと思います。

ただしどこにでも悪い人がいます。そういうことです。

各自で注意して観光しましょう。

次の項で詳しく書きますが、乗り物では市内バスが要注意です。

できればタクシーかトランスジャカルタの利用がおすすめです。

ナシゴレンとか

海鮮が美味しい。 

 

 

 

ジャカルタでの移動方法は?

空港についたらどうする?

スカルノ・ハッタ国際空港に到着したら、タクシーかエアポートバスを利用します。

タクシーを利用する場合は、国際線到着ロビー内にタクシーカウンターがあるのでチケットを購入しましょう。

建物の外にもメータータクシーがいますが、観光客を狙っている悪い運転手がいるかもしれないので注意してください。乗るなら料金をしっかりと交渉して確認しましょう。

タクシーの場合は時間によっては大渋滞に巻き込まれるので覚悟しておいてください。

エアポートバスは街の中心部であるガンビル駅に行きます。料金が格安なのでこの方法がおすすめです。

 

 

ブルーバード・タクシーは良心的

ジャカルタでタクシーを利用するならブルーバードという水色のタクシーを利用しましょう。

メータータクシーで非常に評判が良いタクシーです。

他のタクシーでもそうですが、乗車時にメーターを戻したか確認してください。

 

シルバーバードという黒塗りのタクシーもブルーバードの仲間なので利用しても大丈夫です。流しのタクシーは手を挙げれば止まってくれます。

ジャカルタでの移動ではとりあえずブルーバードタクシーを利用しておけばいいと思いますよ。

 

 

トランスジャカルタも便利

トランスジャカルタはメインストリートを走る快適なエアコンバスです。

専用の車両を走るので渋滞の心配もありません。デポジット式のICカードを買って入場します。

 

 

市内バスはあまりおすすめしない

市内バスもありますが、あまりおすすめはしません。

というのも、市内バスでスリに遭ったという話を聞いたことがあるからです。

調べてみると、カバンをナイフで切られたというケースもありました。

まあ私は乗ったことはないのでわからないとしか言えません。乗る際には注意して乗ってください。

 

 

ジャカルタの見どころは?

独立記念塔モナス

昼モナス。

先に少しだけ注意しておくと、ジャカルタは経済の中心地ではありますが、観光地としてはあまり見ごたえはないかもしれません。

観光したいという方はジョグジャカルタや楽しみたいならバリ島がいいと思います。

ですがジャカルタにはジャカルタにしかない見どころや良さがあいりますのでぜひ訪れてみてください!

 

ジャカルタのシンボルといえばモナスです。

高さは132mを誇り、頂上には50キロの純金で燃え盛る火をかたどったモニュメントです。

内部には展望台があり、台座の地下は博物館です。

ただしモナスの展望台に上るエレベーターは混みます。

 

スカルノ初代大統領によって読み上げられた手書きの独立宣言文も収められています。

ジャカルタを訪れたら必ず見ておきたいスポットですね。

ちなみにスカルノ大統領は日本でも活躍中のデヴィ夫人の旦那さんです。

夜モナス。 

スカルノ大統領の像。

 

 

スラバヤ通り

骨董品を売るお店が200軒ほど集まった場所がスラバヤ通りです。

陶磁器や古銭、伝統民芸品やかばんなどが所せましと並びます。

外国人観光客には人気のエリアです。アンティーク好きなら特に外せないエリアですね。

 

 

ラグナン動物園

ジャカルタの郊外にあり、インドネシア固有の動物を見ることができるのがラグナン動物園です。

トランスジャカルタで訪れると快適ですよ。

 

敷地は広いのですべてを見るには半日以上かかります。

ゾウやオランウータンなどが人気で、子供向けの小さな遊園地のような場所もあります。

ぜひ見ておきたいのはコモドドラゴン。日本では見ることができない生き物で、その迫力には驚かされます。

 

ちなみにコモドドラゴンが見たいのなら、インドネシアには世界遺産にも登録されているコモド島という場所があります。

そこには野生のコモドドラゴンが約2,500頭もいるそうですよ。

身を潜めるコモドドラゴン。めちゃくちゃでかかった。

 

ゾウはどの国でも大人気。

 

チケットも格安。

【海外の動物園】インドネシア・ジャカルタのラグナン動物園はコモドドラゴンを見られるのでおすすめ!

 




いかがでしたか。

今回はインドネシア・ジャカルタについてご紹介しました。

色々書きましたが、私がジャカルタが好きなのは人が本当に優しいということです。

インドネシアは良い国なのでぜひ訪れてみてくださいね

アジアカテゴリの最新記事