ヨーロッパ格安旅行記~6ヵ国を3万円~ 5:ドイツ・ミュンヘンで白ソーセージとサッカー観戦

ヨーロッパ格安旅行記~6ヵ国を3万円~ 5:ドイツ・ミュンヘンで白ソーセージとサッカー観戦

どうもコーシーです。

 

ヨーロッパ格安?貧乏?旅行記の第5弾です。

今回はドイツ編。前回の記事は下記からどうぞ。

ヨーロッパ格安旅行記~6ヵ国を3万円~ 4:オランダ・アムステルダムで迷子

 

FlixBusでドイツ・ミュンヘンに到着

FlixBusでアムステルダムから12時間。ドイツ・ミュンヘンに到着。

到着したのはミュンヘンセントラル駅から徒歩5分程度のバスターミナル。

FlixBusを降りてバスターミナルのトイレへ。狭いうえにFlixBus利用者がこぞって利用するので混んでた。50¢。

歩いてミュンヘンセントラル駅へ。

中はこんな感じ。

ここから観光の中心地であるマリエン広場を目指す。

【FlixBus(フリックスバス)の使い方】ヨーロッパ格安旅行テクニック!

 

ノイハウザー通りを歩く

ミュンヘンセントラル駅から歩いてすぐ、噴水のある広場。ここからは歩行者天国になっている。観光客でいっぱい。

カールス門をくぐる。

ミュンヘンの雰囲気を味わえるノイハウザー通り。

世界最強ともいわれるバイエルン・ミュンヘンのファンショップや、狩猟博物館がある。あとはブランドショップなど。

現れたのはフラウエン教会。地下にも入ってみたり。フラウエン教会には悪魔の足跡がある。

そして到着したのがマリエン広場。ベルギーの広場グラン・プラザに続いて2つ目の世界一の広場です。(世界一とは一体・・・)

ドイツ最大のからくり時計があります。ちょうど自分が到着したときに動いていたので、ドイツに歓迎された気分。

 

レジデンツを見ながら白ソーセージとビール

おすすめ観光地ナンバー1のレジデンツです。そのレジデンツを眺めながら食事。

入ったのはここ。フランツィスカーナー。入口は2箇所あるけどどちらから入っても大丈夫。天気が良かったので外の席にしました。

プレッツェルに白ソーセージにビール。ドイツではビールを飲まない手はない。

白ソーセージはナイフで切って中身だけを食べます。これがめちゃくちゃうまい。

食事をしたあとはレジデンツを見学して引き返す。

 

野外市場のマルクトを見学

マルクトはマリエン広場からすぐにある野外市場です。食べ物やお土産品がたくさん。見学しているだけでも楽しい場所。

食事も楽しめる場所ですが、白ソーセージを食べたばかりなので我慢。

 

アザム教会へ

少し離れた場所に、アザム教会という場所があります。

ここは見逃しがちなのですが、ぜひおすすめしたいスポット。

注目は内部。

アザム教会内部。美しい。小さな入口で目立たないので見逃さないように。

 

バイエルン・ミュンヘンの試合を観に行く

街中を歩いていると、多くの方がバイエルン・ミュンヘンのユニフォームを着ていました。

聞くと、今日はバイエルン・ミュンヘンの試合だとか。なんという偶然。そういえばFlixBusにもバイエルンのユニフォームの人がいたなぁ。

ということでバイエルン・ミュンヘンの本拠地であるアリアンツ・アレーナを目指す。

マリエン広場から地下鉄で20分くらい。チケットは係員に聞きながら買った。

ドイツには改札がなくて、買ったチケットはここに通すだけ。当然ここにチケットを通さないと罰金らしいけど、これタダで乗ってもバレなそう・・・。でもちゃんとチケット買わないとダメですよ。

駅に到着。たくさんの人が降りるから間違えない。

アリアンツ・アレーナ。サッカーはそんなに詳しくないけど見たことある。

バックパックを1つ背負っていたので、荷物は道中に預ける場所があったので預けた。

ここで、飲み物は持っていけば?と言われたから持って行ったのに、ゲートで捨てろと言われました。残念・・・

スタジアム内部。広い。初めてのサッカー観戦がドイツになるとは。

試合はバイエルン・ミュンヘンの圧勝!テンション上がった隣のお兄さんが、ドイツ語でひたすら話しかけてきたけどドイツ語わからないんだ。ごめんなさい。最終的には2人で記念撮影したけど()

試合観戦後は満員電車。ものすごく暑かった。

 

FlixBusに乗る準備はセントラル駅で

FlixBusに乗ってまた車中泊なので準備を万端にしておきたい。

バスターミナルのトイレは狭いのでセントラル駅に行ってみる。するとトイレがめちゃくちゃ綺麗。ただし1ユーロ。

念入りに準備してバスターミナルへ。

バスターミナルの上にもお店がたくさん入っている。マクドナルドとかケバブ屋さんもあれば、コンビニやドラックストアまで。おすすめはLIDL(だったかな?)という業務用スーパーみたいな場所。飲み物やお菓子が安く買えた。

今度は座席下にコンセントがあるパターン。コンセントタイプとUSBのどちらもあったので親切ですね。

そして次は2つしかない今回の旅の目的地であるイタリア・ベネチアです。

子供のころから行ってみたかった場所。楽しみ。

ドイツ・ミュンヘンの観光攻略は下記からどうぞ。

ドイツ・ミュンヘン観光攻略!行き方や見どころは?

 

感想

ドイツは街の雰囲気がお祭りみたいで楽しかった。この旅で一番贅沢な食事も楽しむことができ、大満足。禁酒しているんだけど、ここのビールはノーカウントということで。

サッカーも初めて見たけど興奮した。日本でも見てみたくなった。

 

 

次回はイタリア・ベネチアです。

ヨーロッパ格安旅行記~6ヵ国を3万円~ 6:憧れの地・水の都ベネチア

 

旅行記カテゴリの最新記事